Sanitaion

(衛生面)


 衛生管理


  • 当Tattoo studioでは感染症を防ぐため、徹底した衛生管理を行っています。
  • 施術に使用する針、インク、インクキャップ、グローブ、バリアなど血液が付着するものは全て使い捨て、一人一人新品を使用しています。
  • その他グリップ、チューブ、ニードルバーなどの再利用する器財は、ウルトラソニッククリーナー(超音波温熱洗浄装置)、グルタラール製剤(高殺菌液)にて一次殺菌し、オートクレーブ(高圧医療用滅菌器)を使用し完全に滅菌します。                                                      

   

 

 

 

 

  • その後、滅菌パックのまま無菌の状態を保ちステリライザー(紫外線殺菌保管器)で保管します。
  • 滅菌済みのパック背面には上画像の茶色い矢印が出ます。この矢印も施術前に確認していただき、目の前で開封しますのでご安心ください。
  • その他血液が付着する可能性がある物で使い捨てできない物は、バリアフィルム、ビニール、ラップで保護し施術後破棄する事により2次感染を防ぎます。
  • 施術後、バリアフィルム、ビニールなどを外した後も設備類をエタノール消毒し、次のお客様が安心して施術を受けて頂けるよう徹底した衛生管理を行っています。                                

  オートクレーブ (高圧医療用滅菌器) ウルトラソニッククリーナー(超音波温熱洗浄装置) ステリライザー(紫外線殺菌保管器) バリア各種  (各種使い捨て)


 感染病


 

  • ウィルス感染病 (HIV,B型 C型肝炎など)の感染原因の多くが血液や体液からです。Tattooに関して言えば、針・インクなど直接血液に触れる物の使い回しと言われています。
  • 当スタジオでは、 針、インク、インクキャップ、グローブ、バリアフィルム等を使い捨てとし、その他、施術中に血液やインクが触れる可能性があるものすべてに、ビニー ル袋、ラップカバー、バリアフィルムで養生をし、毎回使い捨てています。さらに施術後、バリアフィルム、ビニールなどを外した後も設備類をエタノール消毒し、次のお客様が安心して施術を受けて頂けるよう徹底した衛生管理を行っていますので感染病にかかる心配はありません。    

 

   H&M's shimokitazawa Tattoo studio

   〒155−0031 東京都世田谷区北沢2-10-15マルシェ下北沢1F
   Tel  03-3465-4411    Mail  shimokita@tattoo-hm.com