Tattoo

入れた後は?


Tattooを入れた後は?


 

Q: Tattooを入れた当日はどうすればいいですか?
A: 施術後3時間以上経過したら、ラップを剥がし、ぬるま湯で患部のワセリンや血を優しく洗い流してください。(石鹸やボディソープは使用しないで下さい。)洗い流した後は患部に清潔なタオルをやさしく押しあて、水分を吸収するように拭いてください。

Q: ラップを剥がした後はどうすればいいですか?

A: ラップを剥がした後も、患部はまだ傷のままですのでぶつけたり、こすったりしないように注意してください。ラップや包帯、消毒などの処置は特に必要ありませんが、雑菌等が入らない様に清潔にしておいてください。アフターインクを塗ってください。


Q: 患部が衣類にくっついてしまったのですがどうすればいいですか?

A: 患部が衣類にくっついてしまった場合は無理に剥がすと、皮膚がえぐれてしまう場合がありますので 衣類の上や間からからぬるま湯をかけ、ゆっくり優しく剥がしてください。

Q: かさぶたが出来てきましたがどうすればいいですか?

A: かさぶたが乾燥し、かゆみをともないますが掻かないように気をつけてください。アフターインクで保湿してあげるとかゆみが和らぎます。通常1週間前後でかさぶたがむけ始めてきます。2週間程でかさぶたが取れ皮膚が再生していきます。再生中は外部からの刺激に非常に弱い状態なので大切に扱ってください。かさぶたが取れてしまえば、湯船につかったり石けんで軽く洗っても大丈夫です。


Q: 海、プールはどの位経過してから入れますか?

A: かさぶたが完全に取れるまでは我慢してください。海、プールなどには雑菌が多く傷口から雑菌が入る可能性があります。もちろん日焼けも禁止です。(衣類、日焼け止めでガードしてください。)個人差にもよりますが、施術後10日前後を目安にしてください。ご予定がある方は、余裕をもって施術に臨んでください。

Q: 
かさぶたが割れてしまいました。

A: 特に関節部分など皮膚の伸縮により、かさぶたが割れてしまう場合があります。割れた部位だけが痛いような場合は化膿、炎症している可能性がありますので、薬局で販売している「テラマイシン軟膏」など、殺菌作用のある抗生物質入り軟膏を薄く塗り様子をみてください。

 

 

                            
《アフーターインク》                  《テラマイシン軟膏》                                             
 
Q: 2週間経つのですがまだ治らない。
 A: 雑菌が入り、化膿、炎症を起こした場合に見られます。薬局で販売している「テラマイシン軟膏」(抗生物質入り軟膏)を薄く塗りあせらず治してください。(炎症の度合いにもよりますが完治まで2ヶ月位かかる方もいます。)
 

Q: 皮膚が白くなっているのですが。
A: 傷が完治していても、皮膚のテカテカが再生するまで1ヶ月程かかります。白い薄皮のようなものが出来ては治り、出来ては治りという方もいます。そのまま皮膚が再生するまで気長にお待ちください。

 

Q: Tattooの色が抜けてしまった部分があります。
A: 突き直しをしていますので遠慮なくお申し付けください。

 
  • その他詳しくはFIRST TATTOO のAfter careをご覧ください。
 


  H&M's shimokitazawa Tattoo studio

 

  〒155−0031 東京都世田谷区北沢2-10-15マルシェ下北沢1F
  Tel  03-3465-4411    Mail 
shimokita@tattoo-hm.com